飲む日焼け止め「ヘリオケア」を最安値で通販!飲む日焼け止めランキングも掲載!

美白サプリと飲む日焼け止めって違うの?

 

美白サプリ飲む日焼け止めは違います。

 

美白サプリは

 

紫外線による活性酸素と戦う、高い抗酸化作用を持つ成分を配合するサプリ。

 

日焼け止めサプリは

 

紫外線によってランゲルハンス細胞が減少するのをを防いだり、
マトリックス分解酵素を抑制したり、DNAの損傷を防ぐ成分が配合されています。

 

さらに高い抗酸化作用を持つ成分も一緒に、配合されているものも多いです。

 

詳しく違いを見ていきましょう。

 

 

飲む日焼け止めランキングはコチラ

 

美白サプリと飲む日焼け止めの違い 

飲むタイミング

 

美白サプリは飲む時間に指定がありません。
1日の目安量を何回かに分けて飲んでも問題ありません。

 

飲む日焼け止めサプリは、外出する30分前に服用するなどの指定があります。
成分が体に吸収され日焼け止め効果を発揮してから、外出します。

人気の美白サプリは?

美白サプリはたくさんありますが、人気などはやはりポーラや資生堂などの
有名どころです。

POLA ホワイトショット インナーロック IX

 

シミに効果絶大と話題のポーラホワイトショットシリーズのサプリ。

 

気をつけても浴びてしまう紫外線によって、シミなどの老化が起こるのを防ぎます。

 

 

【POLA】ホワイトショット インナーロック IXを詳しく見る

 

注目成分 「メロングリソディン」

普通のメロンと比べて腐りにくさは4倍。
SODという抗酸化酵素を約8倍含むメロンから抽出された成分。

 

細胞と遺伝子を紫外線による酸化から守ります。

 

 

注目成分 「ブランノールEX」

 

POLAのオリジナル特許成分。
インドキノキの心材を粉砕して作られます。

 

このブランノールには

 

・通常のメラニンより色が濃い過脂化したメラニンの色を薄くする作用
・メラニンの生成を抑える作用
・過脂化メラニンの元となる過酸化脂質が作られるのを抑える作用

 

があります。

資生堂 ピュアホワイト

タブレットとドリンクタイプの2種類。

 

注目成分 「枸杞の実エキス」

スーパーフルーツとしても有名なクコの実には、紫外線を浴びた後の
赤味や色素沈着を軽減する力があります。

 

注目成分 「アブラ椰子オイル」

アブラ椰子オイルはパームオイルとも言われ、「スーパービタミンE」と呼ばれる
トコトリエノールが豊富に含まれています。

 

トコトリエノールはビタミンEの数10倍の抗酸化力を持ち、さらに
口から摂取しても肌に蓄積されやすい成分です。

 

またメラニン色素の生成を抑制したり、メラノサイトの働きも妨げる作用もあります。

 

 

>>資生堂 ピュアホワイト タブレット(240粒)を詳しく見る

 

「美白サプリと飲む日焼け止め」どちらを選ぶ?

 

紫外線の強い時期は

春ら秋口までの紫外線が強い時期は、断然飲む日焼け止めがおすすめ。
紫外線が細胞を傷つけるのを防ぎ、日焼けの赤味やほてりも抑える効果があります。
さらに抗酸化作用の強い成分で、紫外線によるシミを作る前に防ぎます。

 

紫外線が弱い秋から冬は

紫外線の影響が比較的少ない時期は、美白サプリがおすすめ。
美白サプリは飲む日焼け止めよりも、美容成分が多く含まれているものが多いので
抗酸化成分で紫外線の影響を抑えつつ、美肌やアンチエイジングに専念するのも手です。

 

 

効果とコスパで選ぶ「飲む日焼け止めランキング」はコチラ