飲む日焼け止め「ヘリオケア」を最安値で通販!飲む日焼け止めランキングも掲載!

短い時間でも車の運転は日焼けする

 

車の中は一応室内ですが、ガラスで囲まれている車内は
日焼けしやすい空間です。

 

そんな長い時間は運転しないし・・・という人でも、毎朝の数分の運転タイムも
日焼けリスクがいっぱい。

 

真夏は強い日差しでジリジリと日焼けしている自覚がありますが、
曇りの日にも冬にも紫外線のA波は、変わらず容赦なく降り注ぎます。

 

紫外線A波(UVA)は、ガラスもすり抜けます。

 

顔はもちろんですが、手の体も目も、その紫外線の影響を受けることになってしまいます。

 

紫外線A波は肌の深いところにある真皮まで届いて、老化の元凶の活性酸素が発生します。

 

室内でも太陽が出ていない日も冬でもA波はあまり弱まらないため、
毎日少しずつ浴び続けることにより、シミ・たるみ・シワなどを引き起こす原因となります。

UVカットガラスなら大丈夫?

運転中の日焼けや紫外線の害を減らすには、UVカットガラスが採用された車が優秀。

 

例えば人気の車種、トヨタのリウスの紫外線カット率は

 

運転席・助手席⇒フロントガラス99% ドアガラス91%
後部座席⇒ドアガラス92%
バック⇒94%

 

となっています。
しかし100%ではなく、意外に後部座席が落とし穴。

 

そしてUVカット率はメーカーや車種により異なり、古い車はUVカットガラスが
採用されていないものもあり、自分でUVカットフィルムを貼るなどの対策が必要です。

運転中の紫外線A波の害を減らす「飲む日焼け止め」

 

ガラスも透過する紫外線A波から、運転中の肌を守るには日焼け止めの選び方が重要です。

 

塗る日焼け止めはPA値の高いものを

 

どうしてもSPF50のようなSPF値の高いもののみに、目が行きがちですが、
PA値もとても重要。

 

SPFは紫外線B波を防ぐ防御力。

 

海などに行く場合はこのSPF値が最大の50の日焼け止めを選びたいですが、
日常の生活での日焼けや紫外線の害を防ぐためにはPA値を意識して。

 

PAは紫外線A波の防止効果の高さです。
日常的に運転する人は、一番紫外線A波の防御する力が強いPA++++を選びましょう。

 

紫外線A波から肌を守る飲む日焼け止め

 

ドライバーにおすすめなのは飲む日焼け止めサプリ。
なぜならば、飲む日焼け止めは紫外線A波から肌を守る働きがあるからなんです。

 

飲む日焼け止めは紫外線によって発生する活性酸素を抑制し、
コラーゲンを破壊するマトリックス分解酵素も阻害します。

 

さらに肌の免疫細胞であるランゲルハンス細胞を守る働きもあり、
日々浴び続ける紫外線から肌を守ります。

 

 

一番売れてる飲む日焼け止め

 

>>ヘリオケアウルトラDカプセルの最安値はコチラ